目薬は説明書を読み正しく使いましょう

目薬を上手にさして効き目をアップ

直接目に作用する目薬を使うと、栄養分や水分を補給でき、目の疲れを回復できます。しかし、正しいさし方をしないと、効果も期待できません。普段何気なくつかっている目薬も、上手にさすことでより効果がアップしますよ。

まず、手を清潔にします。洗ったり除菌したりしたきれいな手で目薬をさわるようにしましょう。

点眼の方法は下まぶたを引いたり、目を大きく開けるなど、自分の方法でOK。どうしてもさしにくい!という場合は、さしたい方の手と反対側で目薬をもち、空いた手で下まぶたを引くようにすると、意外と上手にできます。

大切なのは、目薬をさしたあと。ギュッ!と目をつぶってしまったり、パチパチと瞬きをしてしまいがちですが、せっかくさした目薬が流れてしまっては効果がありません。そっと目を閉じてしばらくじっとするか、軽く目頭を押さえて、目にいれた目薬が流れないようにするのがコツです。

さしおわった後、目の周りについた目薬は清潔なティッシュなどで押さえて。これで、上手に目薬がさせました。

目薬の先を目にくっつけすぎてしまったり、まぶたやまつげから流しこむようにするのは、目薬にも目にもばい菌が入りやすくなってしまうため、NGです。また、効果を期待しすぎてたくさん目薬を垂らすのも、結局は流れでてしまうため効果がありません。決まった容量で十分効果があるよう作られているので、説明書の適量を守ってさしてくださいね。

ちなみに、「クールタイプ」「爽快感」など、スッキリタイプの目薬も人気があります。さし心地や好みの問題にはなりますが、あまりに疲れていて目に負担を感じたり、刺激があるようなら「しみない」「やさしい」などを選びましょう。

このカテゴリーの他の記事

目の健康のサポートに!

当サイト一押し!

大正ブルーベリー

製薬会社の高品質サプリ!ビルベリーエキス80mgに加え、ルテイン6mg配合!

えがおのブルーベリー

ビルベリーエキス160mgとたっぷり配合!しかも特許製法によって吸収率が2倍に!

ブルーベリー&ルテイン

吸収性を1.79倍高めたアントシアニンエキス「ミルトアルゴス」を配合。

目の疲れに関するコンテンツ一覧

当サイトからのお知らせ

騒音が極めて少ない