網膜、水晶体に唯一作用するルテイン

注目のルテインは目の万能薬

ルテインは目の網膜や水晶体に作用できる唯一の栄養素として注目を集めています。目のビタミンとも言われるルテインは、ケールやほうれん草、ブロッコリー、花植物のマリーゴールドにも多く含まれています。緑や黄色、オレンジ色の鮮やかな色は、ルテインの色素成分。ルテインの抗酸化作用はとても強力で、特に、目のタンパク質の濁りからくる「白内障」や「緑内障」に高い効果を発揮します。

「抗酸化作用」という言葉をよく聞きますが、これは体に悪影響を及ぼす活性酸素を抑える効果のこと。特に目は、外気にふれ、紫外線などをあびるため、活性酸素の影響を受けやすい部分です。

ふだん、ルテインは目の網膜(見たものを受け取る部分)をはじめ、抗酸化作用をもって目の組織全体を守っており、特にモノの見え方をクリアに、安定させる機能があるのですが、ルテインそのものは体内で合成することができず、年を重ねるごとに老化によって減少していきます。目の疲れはもちろん、目の衰えや弱りを感じ始めた時には是非取り入れたい栄養素です。

ルテインは青汁のもととしても有名なケールやほうれん草といった野菜に多く含まれています。錠剤やサプリメントには、マリーゴールド由来のルテインがほとんど。「飲む目薬」とも言われるルテインは、目にとってオールマイティーにはたらく万能薬のような効果をもっています。野菜に含まれているとは言え、ごくごく微量のため、サプリメントで摂るのが一般的です。

このカテゴリーの他の記事

目の健康のサポートに!

当サイト一押し!

大正ブルーベリー

製薬会社の高品質サプリ!ビルベリーエキス80mgに加え、ルテイン6mg配合!

えがおのブルーベリー

ビルベリーエキス160mgとたっぷり配合!しかも特許製法によって吸収率が2倍に!

ブルーベリー&ルテイン

吸収性を1.79倍高めたアントシアニンエキス「ミルトアルゴス」を配合。

目の疲れに関するコンテンツ一覧

当サイトからのお知らせ

騒音が極めて少ない