古くから伝わるアイブライトとメグスリノ木

伝統あるアイブライトとメグスリノ木

古くは紀元前のギリシャ時代からヨーロッパで目の薬として扱われてきたのがアイブライトです。薬草(メディカルハーブ)として、ハーブティーとして摂るのが一般的です。

炎症を抑える作用、細菌などに対する抗菌作用などの成分が、ものもらいや結膜炎、まぶたのただれといった眼病に効果があるとされ、治療に用いられてきた歴史を持っています。炎症を抑える作用や、すっきりとさせる効果があるため、花粉症などのアレルギー症状がある場合にも有効です。

ハーブティーとして頂く場合はカモミールなど、リラックス作用のあるハーブとブレンドすると飲みやすく美味しくいただけます。また、アイウォッシュとして直接目に使う方法もあります。しかし、使用に際して効果の有効性や安全性などはまだはっきりと認められていない部分も。ともあれ、ヨーロッパで古く親しまれ、愛用されてきたハーブとして、今でも大事にされています。

一方、「メグスリノ木」という、日本独特の目に良いとされる木もあります。メグスリノ木の樹皮や幹から抽出される成分は、煎じて目薬にしたものは、まぶたのただれや結膜炎、ものもらい、目のアレルギー症状に効き目があり、日本人の目の健康を助けてきました。

お茶としても飲むことができ、メグスリノ木茶は飲みやすく、目への効果のほかに肝機能障害や動脈硬化にも効果がみられ、今でも愛用しているひとが多い健康茶です。

アイブライトもメグスリノ木も、どちらもお茶として飲むことのほうが多いものです。目の健康が気になる場合、積極的にのんでみるのもおすすめです。目に良い成分とお茶のリラックス効果で、目も心も元気にできます。

このカテゴリーの他の記事

目の健康のサポートに!

当サイト一押し!

大正ブルーベリー

製薬会社の高品質サプリ!ビルベリーエキス80mgに加え、ルテイン6mg配合!

えがおのブルーベリー

ビルベリーエキス160mgとたっぷり配合!しかも特許製法によって吸収率が2倍に!

ブルーベリー&ルテイン

吸収性を1.79倍高めたアントシアニンエキス「ミルトアルゴス」を配合。

目の疲れに関するコンテンツ一覧

当サイトからのお知らせ

騒音が極めて少ない