糖尿病の方は眼科へ行って一刻も早く目の状態を把握しよう

糖尿病と目の症状

糖尿病に罹る人も年々増加傾向にあります。糖尿病は、進行していくうちに体全体に合併症を起こすことがいわれていますが、その中に目に影響がある「網膜症」というものがあります。

目でみたものを受像する網膜の部分に、糖尿病で糖分が含まれた状態の血液が通うことで、毛細血管を詰まらせてしまうために、網膜に支障をきたします。網膜症の末期段階にあたる緑内障、水晶体の濁りから来る白内障なども糖尿病から派生して起こることもあり、角膜障害を起こす「角膜症」や眼球がうごかせなくなる「眼筋麻痺」といった、様々な目の症状の引き金になります。

糖尿病の初期の段階は、特にいままでの生活に支障などもなく、目の症状への自覚もないため、検査をせずに過ごしてしまう人も多いようです。しかし、知らない間に病状がすすんでしまうと、自分で気がついたときには危険な状態になっていた、ということも少なくありません。

残念ながら、日本における成人の失明原因の第一位は、糖尿病からくる失明という統計もでています。糖尿病の前段階だといわれたり、糖尿病になっているという医師の診断をうけたら、内科だけでなく眼科も受診し、目の状態を把握しておくことが必要です。

また、糖尿病治療の鍵となる血糖コントロールによって、症状の進行に大きく差がでてきます。バランスの良い食事や適度な運動など、糖尿病を改善する努力を第一に行いながら、目の精密検査を忘れずに、定期的に受けておきましょう。

このカテゴリーの他の記事

目の健康のサポートに!

当サイト一押し!

大正ブルーベリー

製薬会社の高品質サプリ!ビルベリーエキス80mgに加え、ルテイン6mg配合!

えがおのブルーベリー

ビルベリーエキス160mgとたっぷり配合!しかも特許製法によって吸収率が2倍に!

ブルーベリー&ルテイン

吸収性を1.79倍高めたアントシアニンエキス「ミルトアルゴス」を配合。

目の疲れに関するコンテンツ一覧

当サイトからのお知らせ

騒音が極めて少ない