VDT作業を行う環境を整えて目へのストレスを減らす

ストレスを減らしながら気持ち良くVDT作業をしよう

VDT作業を行う場所の環境も整えることで、目の疲れを和らげます。特に、一年中エアコンがきいているオフィスの中や室内などで、8時間以上の長時間に及ぶVDT作業を行う場合は、乾燥しすぎに注意。

加湿器をつける、エアコンの風が直に当たらない場所をえらぶなどして、目の乾燥を防ぎましょう。また、室内の照明があかるすぎても暗すぎても目にの疲れにつながります。

映り込み(グレア)が起こりにくく、スポットライトのような一部分をてらすものではなく、均一な明るさになる照明がおすすめです。間接照明なども上手に使い、まぶしくなりすぎず、ものが見やすい明るさを見つけて、快適にVDT作業が行えるようにしたいですね。

座ったままの姿勢で長時間いることがおおいVDT作業では、血流が滞りがちになります。これは、目の疲れはもとより、体の冷えや肩こり、頭痛の大きな原因となるものです。

パソコンを8時間以上使うことの多い女性には「冷え性」が8割といった研究データもあるほどです。それくらい、目を酷使する作業からの視神経の疲れは体への影響が大きいもの。適度な休憩とストレッチなどで予防することで、目の疲れからも、体全体の不調も改善できます。

仕事や作業に入ってしまうと、だんだんイライラしたりストレスを感じる、という人もいるかと思います。イライラやストレスの原因はVDT作業からの疲れも大きな要因です。

人間が一度に発揮できる集中力には諸説あるものの、基本的には長時間はもちません。疲れを感じたら休憩したり、モニターの明るさの調節をすることで、目の疲労感や体が感じるストレスを減らし、作業効率が上がる効果も期待できます。

このカテゴリーの他の記事

目の健康のサポートに!

当サイト一押し!

大正ブルーベリー

製薬会社の高品質サプリ!ビルベリーエキス80mgに加え、ルテイン6mg配合!

えがおのブルーベリー

ビルベリーエキス160mgとたっぷり配合!しかも特許製法によって吸収率が2倍に!

ブルーベリー&ルテイン

吸収性を1.79倍高めたアントシアニンエキス「ミルトアルゴス」を配合。

目の疲れに関するコンテンツ一覧

当サイトからのお知らせ

騒音が極めて少ない