メガネやコンタクトレンズの度が合っていないと目が疲れる

メガネやコンタクトの度数は大丈夫?

メガネやコンタクトレンズなど、視力矯正をしているひとも多いと思います。しかし、一度作ったきり、しばらく度数をあわせていないままでいると、目の疲れや視力の低下により、メガネやコンタクトレンズを作ったときの状態とに違いがでてきてしまい、結果的に見えづらく、目が疲れてしまうということもあります。

特にコンタクトの人は目が乾燥しやすいため、まめに目薬をさしたり、湿度にも注意しましょう。特に目に直接レンズを入れるコンタクトは、目の疲れを感じやすいもの。つけっぱなしOKのタイプでも、寝る前は必ずレンズを外して休むなど、コンタクトの使用にも工夫が必要です。

メガネの場合は、普通にしていると視界が狭くなりがちなことがあります。広い視界が確保できるフレームにしたり、フチ無しのメガネにするのもおすすめです。

また、パソコンを使うことがほとんどの場合は、出かける場合にかけるメガネとは別に、近距離に適した視力や矯正効果のあるメガネをつくるのもよいでしょう。近くのモニターなどを見るのに、1.5などの強い視力はあまり必要がないからです。

近頃はパソコンワークに適した、視野が開けて見える加工のメガネなども販売されているので、是非お店で伺ってみてください。

見えづらさや目への負担を感じたら、メガネやコンタクトの度数を見直し、調整をしてみましょう。ピントが合い、視野がクリアになるだけでも、ものの見え方や目への疲れもずいぶんと変わってきます。

このカテゴリーの他の記事

目の健康のサポートに!

当サイト一押し!

大正ブルーベリー

製薬会社の高品質サプリ!ビルベリーエキス80mgに加え、ルテイン6mg配合!

えがおのブルーベリー

ビルベリーエキス160mgとたっぷり配合!しかも特許製法によって吸収率が2倍に!

ブルーベリー&ルテイン

吸収性を1.79倍高めたアントシアニンエキス「ミルトアルゴス」を配合。

目の疲れに関するコンテンツ一覧

当サイトからのお知らせ

騒音が極めて少ない