目へ影響を及ぼす生活環境は実に様々

生活の環境からくる目の疲れ

目は、保護されていないむき出しの体の部分でもあります。目の疲れは、環境にも大きく左右されるもの。できるだけ目に優しい状態を保つことで、負担を軽くすることができます。

お肌に良くないとされる紫外線は、目にも悪影響を及ぼしかねません。強い日差しの下に長時間いる場合はUVカットのサングラスをかけるなど、目を上手に保護したいもの。コンタクトレンズにもUVカット加工のものや、色のつかないサングラスでもUV加工がされているものもあります。肌と同様、普段から乾燥しすぎにに気をつけ、湿度を保つことも大切です。

あなたがよくパソコンやケータイを見る場所はどこですか?そのパソコンの画面の明るさや、周りの照明などの明るさはどうでしょう。長時間見ることがおおいものなので、明るさや色の具合を調整しておくだけでも、疲れ方に大きな違いがあらわれます。

電車などの移動中にケータイを読むことも多いですが、それも目には辛いこと。ものを見る場合は、空間全体の明るさと、モノを見る照明の明るさに気をつけましょう。夜更かしは目に悪いというのは迷信めいたことではなく、目の仕組みからくる教訓です。

夜は自律神経の働きから、目を保護する分泌液がへり、疲れやすくなっているためです。規則正しい生活は、体はもちろん、目にもよいものです。

また、偏った食生活は、疲れ目がなかなか回復しないという状態をつくってしまいます。特にビタミンA、B群、C、Eやミネラルは目の健康に重要な役割を果たします。

様々なサプリメントも販売されていますが、まずはバランスの良さや栄養のあるメニューを毎日きちんと摂ることが必要です。その上で、目の状態に合わせたサプリメントを補給しましょう。

このカテゴリーの他の記事

目の健康のサポートに!

当サイト一押し!

大正ブルーベリー

製薬会社の高品質サプリ!ビルベリーエキス80mgに加え、ルテイン6mg配合!

えがおのブルーベリー

ビルベリーエキス160mgとたっぷり配合!しかも特許製法によって吸収率が2倍に!

ブルーベリー&ルテイン

吸収性を1.79倍高めたアントシアニンエキス「ミルトアルゴス」を配合。

目の疲れに関するコンテンツ一覧

当サイトからのお知らせ

騒音が極めて少ない