眼精疲労の疲れ目の違いとその症状

疲れ目とは違う「眼精疲労」の症状

ちょっとした疲れ目なら、マッサージやツボ押しなど、簡単な方法でも軽くなり、よくなったと改善した感じが得られます。睡眠をとって回復するぐらいであれば、自分でできるセルフケアでも効果が実感できますが、目を休めたり、セルフケアを行っても疲れた感じが残ってしまうときは要注意。重度の目の疲れ、「眼精疲労」を引き起こしているかもしれません。

眼精疲労は、目の疲れが重症化した状態で、目の疲れとは区別されるものです。通常、目の疲れであれば、ゆっくり休むことで症状が改善されますが、眼精疲労の場合、休んでもなかなか症状が回復しなかったり、症状がよくなったと思ってもすぐぶり返すような場合を指します。

モノを見るだけで痛いと感じたり、目を開けているだけで眩しかったりと、眼精疲労は生活にも支障がでる場合も。目の疲れに加えて、重い頭痛や強い吐き気などの症状を感じたら、それ以上無理をせず、ひとまずお医者さんに相談しましょう。

目の疲れを軽くあつかってしまうと、さらに重症な眼精疲労を引き起こし、慢性的な不調につながりやすくなります。お医者さんによる専門的な治療やアドバイスが必要な場合も多いので、症状がある人は眼科を受診することをおすすめします。

そして、普段から目の疲れをこまめに回復したり、負担をかけない環境をつくるよう心がけたり、目以外の体の不調も併せて見直すことで、眼精疲労の回復に努めたいですね。

このカテゴリーの他の記事

目の健康のサポートに!

当サイト一押し!

大正ブルーベリー

製薬会社の高品質サプリ!ビルベリーエキス80mgに加え、ルテイン6mg配合!

えがおのブルーベリー

ビルベリーエキス160mgとたっぷり配合!しかも特許製法によって吸収率が2倍に!

ブルーベリー&ルテイン

吸収性を1.79倍高めたアントシアニンエキス「ミルトアルゴス」を配合。

目の疲れに関するコンテンツ一覧

当サイトからのお知らせ

騒音が極めて少ない