目の状態を把握することの大切さ

目が疲れたときに起こるいろいろな状態

さて、私たちが目が疲れたな、と感じたあと。疲れはどのような症状に発展していくのでしょうか?モノを見たり、色や明るさを判断し、それを脳に送るという役割を果たす目は、高機能だからこそ、非常にデリケートです。普段何気なくおこなっていることも、目には大きな負担になっている場合もあります。

よくみられる症状が神経症の一種である「神経性眼精疲労」。目の奥にある、モノを見るための神経「視神経」が疲れている状態です。ひどくなると、肩こりや頭痛など、他の神経症にも発展してしまいます。

目の仕組みはカメラに似ています。そして、カメラで言うピント調節をする筋肉が上手く動かないとき、私たちは目の疲れを感じます。

「調節性眼精疲労」は、現代人によく見られる症状で、決まった距離のものを見続けることで、ピント調節機能が疲れ、視点が合いづらくなります。この状態でピントの固定が続いてしまうと、近視を引き起こします。

コンタクトレンズやメガネなので視力を矯正している人は、自分の目にあった度数であるか定期的に確認するのがおすすめ。乱視や近視が進んだ場合も、矯正視力と実際の視力の差で目が疲れてしまうことがあるからです。

糖尿病や高血圧、心臓病から目に影響がでることもあるため、病気で治療中だったり、医師から注意をされているひとは、普段よりも気をつけなければなりません。白内障や緑内障といった目のかすみを初期症状として持つ病気もあります。目の疲れが病気のシグナルとなっている場合も考えられるので、思い当たるというケースはより注意してみてください。

このカテゴリーの他の記事

目の健康のサポートに!

当サイト一押し!

大正ブルーベリー

製薬会社の高品質サプリ!ビルベリーエキス80mgに加え、ルテイン6mg配合!

えがおのブルーベリー

ビルベリーエキス160mgとたっぷり配合!しかも特許製法によって吸収率が2倍に!

ブルーベリー&ルテイン

吸収性を1.79倍高めたアントシアニンエキス「ミルトアルゴス」を配合。

目の疲れに関するコンテンツ一覧

当サイトからのお知らせ

騒音が極めて少ない